賃貸期間で変わる神奈川ウィークリーマンションの賃料の相場

ウィークリーマンション 神奈川

神奈川県へ短期間の単身赴任が決まった場合、滞在先の選択の1つにウィークリーマンションを利用する方法があります。希望に合ったウィークリーマンションを神奈川県で探している方、必見の方法です。通常、アパートを借りるには敷金や礼金が必要です。それに住むには家具、ベッド、洗濯機、冷蔵後にテレビなど、揃えるものが多く考えただけでも頭が痛いです。その点、ウィークリーマンションは全て備え付けで安心です。カバン1つですぐに新生活が始まります。賃料も一日あたり1,000円台からと、ホテルに比べて大変お得です。神奈川県でウィークリーマンションを探すにはまず、どこに住むかが重要です。神奈川と言えば、横浜か川崎です。ビジネスも交通もこの2つの都市が中心であるため、物件もこの2つの都市に集中しています。

都市部と郊外の物件量と賃料の比較

では、神奈川のウィークリーマンションの状況を見てみましょう。2018年7月現在で、約1,150件の物件があります。そのうち川崎市と横浜市には約1,000件の物件があります。賃料を見てみましょう。川崎市と横浜市を都市部としそれ以外を郊外とします。都市部と郊外で賃料の差はそれほどありません。若干、郊外の方が安いですが生活の利便性や交通の便を考慮すれば、都市部の方が住みよいです。都市部も郊外もウィークリーマンションは長く住むと有利になるように賃料の設定があります。①スーパーショートタイプ:1か月未満の賃料、②ショートタイプ:1か月以上3か月未満、③ミドルタイプ:3か月以上7か月未満、④ロングタイプ:7か月以上12か月未満です。物件によりますが、概ねスーパーショートタイプと比べて、50パーセント程度の割引があります。

神奈川でおすすめのウィークリーマンションはずばりここ!

仕事で単身赴任の1人暮らし、駐車場の利用なしの場合、神奈川でウィークリーマンションを探すなら、下記の5つの場所をおすすめします。①川崎市川崎区、②横浜市神奈川区、③横浜市港北区、④横浜市中区、⑤横浜市西区です。おすすめする理由は、何と言ってもその物件の多さです。上記の区にはすべて100件以上の物件があります。物件が多いと、自分の希望する物件がみつかりやすいということになります。街の中心ですが、比較的安い物件もたくさんあります。上記の都市に共通するのは、交通の便が素晴らしく良いことです。遠距離も近距離の移動も便利で観光名所も多く、短期間での移住を考慮した場合、手軽に観光名所に行けることも魅力です。仕事、グルメ、観光と充実した日々を過ごせるでしょう。神奈川の魅力を存分に味わって素敵な日々を過ごしてください。